■Data
秋月 みちる[あきづき みちる]
C/V 岬友美
誕生日 3月3日
血液型
A型
身長
165cm
B91(F-cup) W63 H89
足のサイズ 24.0cm
好きなケーキ モンブラン

趣味 GAME
特技 ケーキを作ること
■Introduction
ひよこ館のパティシエール――女性ケーキ職人。主人公の父に代わって、ひよこ館を支えている。ケーキを作る技術は超一流。そんな人がなぜひよこ館で働いているのかは。ただ少し頭が固いようで、斬新な発想が出来なくて困っている。基本的にはクールで厳しい性格だが、噂によると一番濃いキャラクター。

主人公がいきなり帰ってくるので警戒しており、本当にケーキを作れるのかと疑っています。ですが、ケーキのことを一番理解している人でもあるので、会話に困った時はケーキを使いましょう。

口癖というかご機嫌だと鼻歌を歌っている。だが、主人公は口癖に慣れているので、あまり興味がない。
■Sample Voice
残念ながら好感度を高めに設定してあります

保存する場合は右クリックをして『対象をファイルに保存』を選択してください。
ファイルの無断転用転載はご遠慮下さい。
■Character's Essay
「ふん、ふん、ふ〜ん♪」

彼女は厨房でデッサンをしていた

パティシエの中には絵を描く人もいる
新しいケーキを作る時、頭の中のイメージを手っ取り早く2次元の紙の上に広げてみるのである
実際にどんな形をしたケーキか
どんな色だと映えるか
仕上がった時の全体的なバランスまで考慮してから、材料や形状を決めていく
一流ならではのデッサンと、なによりそのひたむきな姿勢に、彼は心惹かれた

「ひゃあ……っ!」

厨房に響く悲鳴は、その容姿からはとても想像できないものだった
背後からこっそり覗こうとしたのだが、失敗
スケッチブックは彼女の手の中に隠されてしまった

「店長代理! いるならいると言って下さいな!」

彼女らしからぬ口調から、その慌てっぷりが伺える

「絵、見ました?」
「え……?」
「絵ですッ!! 絵――ッ!」
「い、いえ」

その返答を聞いて、彼女はホッと胸をなで下ろした
そんなに見られたくないものなのだろうか
逆に興味をそそられる

「ところで、どんなケーキを考えていたんですか?」
「えっ……。えーっと、こういった感じのケーキなんですけど」

そう言って彼女は自分の持っていたスケッチブックを開いて見せる
その自然なやりとりの中で、彼は首を傾げていた

――見せたくなかったのでは?

だが、その絵を見て彼は絶句する

[つづく?]

戻る